Yukimitsu


接客サービス業の「nabe」が送る、ここだけの話。
by nabedry
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

出張スクール第2段 白川塾 in 志賀高原 VOL.1 

先ほど、志賀高原に到着しました。

なんと、丸沼高原に続き、またまた修学旅行のイントラをしてきます。
今回は、nabeとシンジの二人だけ。
明日から早速レッスンです。

契約スポンサーの絡みで、イントラの応援要請がきたので、参加することになりました。

今現在、聞いているのは、教えるのは、前回と同じ「高校生」ってだけ。
どんな、子供達を教えることになるのやら。。。

宿泊しているホテルが、うれしいことに、無料の無線LANスポットが完備されているんですよ。
レッスンが終わればヒマな時間が多いと思うので、タイムリーな更新をしていきたいと思います!!

e0021744_2030117.jpg
e0021744_20302768.jpg

すでに雪猿が1匹まぎれているような、、、笑
[PR]
by nabedry | 2006-01-31 20:31

出張スクール!? 白川塾 in 丸沼高原

奥利根は、大雪続きと思えば、晴れて気温があがったり、極端な天気が続いています。

ようこそユキトミツバチへ。

先週、1月25日~27日に、丸沼高原スキー場に修学旅行のレッスンを行なってきました。

メンバーは、nabe、しんじ、マイマイ そしてカメラマンのハラッチの4人で。

もちろん、ツインチップのスキーに腰パンで! 笑

なぜ、白川塾が修学旅行のレッスンを!?と思われる方もいらっしゃることでしょう。

実は、丸沼高原にいらっしゃる、元SIAデモ&丸沼高原プロスキースクール校長の高橋美三男さんと、
白川塾が、去年の撮影でお世話になったという繋がりがあり、「修学旅行のインストラクターが足りない!」
ということで、応援に行ってきました。

工業高校の生徒たちを、板の履き方、脱ぎ方、スキーでの転び方etc...
初歩の初歩からレッスンしてきましたよ。

nabe、しんじ、マイマイ、ハラッチ、各班、10名前後の生徒達を受け持ちました。

スキーボードの滑りレッスンや、エアレッスンは、かなりの経験をつんでいる僕らですが、
スキーの滑りの初心者レッスン、しかも相手は団体の高校生!

初めての経験で、最初は緊張気味のスタートでしたが、徐々に生徒達と打ち解け、
ワイワイ楽しくレッスンを行ってきました。

工業高校ということもあり、生徒さんたちは、男の子ばかり。

nabe、しんじ、はらっちの班は、

「お前ら、行くぞぉ~」「うぃーす!」

体育会系の元気な男性的なノリで。

マイマイ班は、「みんなでワイワイ仲良く~」 的なノリだったかな。
イントラが男性ばかりだったということもあり、昼食の時間にマイマイは、
生徒さん達からモテモテでした。Chu ! Bye~♪

もちろん、レッスン途中では、生徒さん達をパークへ連れて行き、
エアやジブを披露してきましたよ 笑

宿泊でお世話になったところは、美三男さんが、経営している、スポーツガーデン330

綺麗な建物&部屋に、超美味しい料理に、大満足!

夕食後は、ダイニングルームで、イントラに参加された方と雑談会。
美三男さんからは、スキーや色々な話をしていただき、大変勉強にもなりました。
年齢を聞いたら、僕の親父と同い年! とても同い年に見えない、若さとパワーあるれる方でした。

スキー技術論、人生論に、かなり良い影響を受けました。

そしてお酒も入りその後は、ギターセッション! 
美三男さんギター上手!! ついていくのがやっとでしたよ。

そんな感じで、仕事に行ったのに、ものすんごーく リフレッシュできて良い経験ができましたよ。

呼んでくださった、はらっち&高橋美三男先生に大感謝。
また、お手伝いできることがあればいつでも行きます! 

e0021744_20261820.jpg

Mr.330 こと 高橋美三男 先生と

e0021744_20271560.jpg

nabeとシンジの夜の雑談会の成果 笑
[PR]
by nabedry | 2006-01-31 20:28

雪降ってます、、、

今日、いや昨日の夕方から。
大雪です。
かなり積もっています。

降り始めから、現在までの積雪量。
スキー場のベースで約50センチ
トップで1m?

目測なので、間違っているかもしれませんが、印象的には、↑の数値ぐらい積もってますね。
風も吹いているので、ほとんど吹雪です。

そしてそして、今日は家にいる人数は、僕を入れて、2人だけ。
かーなーりー 静かで さびしいです。

俺以外のもう一人は、お疲れのようかベットで熟睡中。。。
いま、こうしてブログを更新していますが、一人っきりで、すんごーく さびしいですわ。

そんな中のバックミュージックは、山崎まさよし。。。
な、なんか、しみじみだな。。。

晩御飯どうしよう。
人数少ないし、ひさびさに外食でもしようかな。
でも、寝てて起きてくる気配がないよー 泣

最近、テレビ見てないんですよ。
見たいのですよ。
でも、見れないのですよ。
アンテナの線が、屋根からの落雪により、ぶっちぎれたのが原因です。

おかげで、スキー以外の映像をここ一ヶ月、見ていませんよ。
ネットで最近のご時世を知ることはできるのですが、でもニュースとかゆっくり見たいね。

そろそろ、東京に帰ろうかな。
2月になれば、色々と落着くからな。。
実家のご飯食いたいね。

毎日、自炊生活。
おかず考えるの、まんどくせぇ。
主婦の気持ちがわかります。

都会の風に、多少ホームシックな、月曜日の午後3時でした。
[PR]
by nabedry | 2006-01-23 15:37

今日のニッキ 雨 曇り 雨 

今日は、雨でした。
キャンプで、一日レッスンでした。

雨の中のレッスンは、かなり体力を消耗させられます。
体もガッツリ冷えました。

はやいところ、布団に入って休みたいと思います。
明日も一日キャンプ。

がんばります!!!

奥利根の寮が、静かです。
ボスのシラカワさん にぎやかな、イチハシさん ツダさんが渡米中のため、
人数が少ないのです。

静かでゆっくりできるのは、良いんだけど、やっぱり何か寂しいね。

今日の晩飯
マグロのアラ 鶏肉 野菜たっぷりの 味噌汁
オリーブオイル 香辛料たっぷりのイタリアン風味 肉野菜炒め

オイシカッタヨー

さ、
オヤスミナサイ
 
[PR]
by nabedry | 2006-01-14 21:38

05-06シーズン in 特別企画 第4部 スキースタイルへの思い

※前回の予告と異なる内容ですが、ご了承ください。

北米の有名なスキー場といえば、カナダのウィスラー&ブラッコム。
このスキー場は、皆さんご存知のとおり、めちゃくちゃ広い。

ベースからトップまで行くのに、ゴンドラ・高速リフト・Tバーと色々乗り継いでいきます。
時間にして1時間ぐらいは軽くかかります。
またトップに行くと、圧雪している部分も1コースしかなく、ほとんどが未圧雪地帯。
雪の降り積もった日だと、パウダー天国。

そしてそして、有名なスノーパーク。
世界トップレベルのパーククオリティと言われています。
完璧に整備された、キッカー・スパイン・レール・ボックス・ウォール・スーパーパイプ。
アイテムの種類も豊富で、1日楽しめます。

そんな広大で、楽しいパークがあるウィスラー&ブラッコムに行って、いつも気付くことがあります。

それは、スキーヤーが履いているスキーの種類や格好。

まずは、日本のゲレンデにいる一般的なスキーヤーを想像してみてください。

基礎系・レーシング系の板で滑っている人がほとんどではないでしょうか。
そして、ウェアも基礎系のピチッ!としているウェアや、
それ何年前よ!? とツっこみたくなる、蛍光色ウェア。

これが、ウィスラー&ブラッコムの場合には、

板は、ツインチップかファットスキー。
ウェアは、超ルーズなダボダボか、山岳系の機能的なウェア。

つまり、
パークスキーヤー以外は、「雪山」全体をスキーして楽しんでるって感じなんですよね。

スキースクールのインストラクターもツインチップかファットスキー。笑
普通のカービングスキーなんて、ほとんど見ませんね。

ゲレンデの規模の違いもありますが、北米に比べ日本は、限られた滑走バーンで、基礎スキーやレーシングを楽しむ、スタイルが主流ってような気がします。
(もちろん、国内でもパークスキーヤーも増え始めてますが)

ま、どっちが良いとか悪いとかじゃないけど、自分が好きなスタイルは、
北米型の山全体・スキー場全体を楽しむスタイルでしょうか。

パークでエアやジブを楽しみ、
圧雪バーンで大回りカービング、
コブ・未圧雪バーンでのショートターン

スキー場全体を楽しむ。
これこそがフリーライドスキーの楽しみではないか?

パークライドの技術には、スキーの根本的な滑走技術が必要であり、
急斜面やコブ斜面を突っ込んでいくには、パークでエア台やレールに突っ込んでいくときと同じようなメンタルも必要である。
etc...

と、今になって、考えているのであります。

今シーズンの使用板は、RU.NINE 178センチ。
セミファットのツインチップ。

まさに、今の思いを表現するのにピッタリの板ですね。

THE SKI @ STRICTLYの板は、かなり軽量の板だけど、スキーボードやミッドスキーと比べると重たい。
そして、このクラスの板を履くのは正直初めてで、長さと太さにもかなり苦戦。
そしてそして、この太さと長さでのコブ斜面もなかなか難しい。。。

でも、根本的にスキー技術が上手ければどんな斜面でも滑りこなせるっしょ!
ってなノリで、毎日練習に励んでおります。
[PR]
by nabedry | 2006-01-09 23:04