Yukimitsu


接客サービス業の「nabe」が送る、ここだけの話。
by nabedry
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

05-06シーズンin特別企画 第3部スキーへの目覚め 後半


*********************************************************

「第3部 スキーへの目覚め 後半」

*********************************************************

そしてそして、三度目。
三度目の正直という言葉が当てはまるのでしょうか、
このスキーの経験が、「どっぷりとハマル」きっかけと言っても良いでしょうか。

会社員時代。
19歳の時。

同じ課の先輩や同僚から、

「ナベ ボードいこーぜー」

って感じで冬になってから、毎週のように声をしつこく掛けられていた。
毎回断っていたけど、付き合いで一回いっとくか!
てな感じで重い腰をあげたのでした。

さて、

スキーは、ひさしく滑ってないから、まともに滑れるか分からない。。。

いまさらボードを最初から始めるのもなんかねぇ。。。

なんか噂では「スノーブレード」たるものが、簡単に滑れるし、滑ってる人もあまりいない。

人と同じことがあまり好きじゃない、ひねくれ性格なので、これだ! と思い、
「スノーブレード」をやってみようと決めました。

今回は、社会人パワーもあり、ウェアは購入。
神田のスキー街にて、上下で2万円ぐらいかな。
いま思えば、かなり微妙なデザインのウェアだった。。。
ブーツ&板はレンタルで使用。

いやー 楽しかった! 簡単にターンができるし。
ひさびさのスキーが純粋に楽しめることができましたな。

まだ、この時点では、どっぷりとハマッてはいません。
この久々スキーに行ったのが3月ぐらいのシーズン終わりかけ。
その年の4月ぐらいに、ふと思いました。

「ファンスキーをもっと上手くなりたい」
「そうだビデオ買って研究だ!」

そして、
買いました。

僕にとってのバイブル的存在。

「ファンスキーリアルライディング」

これです。
これ見てビビっと何かが走りました。
もうガッツリ、ハマリました。

初めて見た白川大助の滑り。
名言の「ヨロシク!」から始まり、雪面スレスレのカービグターン。
後ろ向きのフェイキーに、360等のグランドトリック。

「やべーーー! この人、超かっけーーー!!」(ヨロシクは除く)

そっから、もう中毒ですね。
そのころ屋外ゲレンデのシーズンは完全に終了していたので、練習場所として選んだのが、

「ザウス」&「クールバル板橋」

週二日の休みのうち、1日をザウス もう1日をクールバルに。
仕事がシフトでの平日休みだったので、会社の同僚や学生時代の友人とも、休日が
合わなかったんですね。
なんで、休みとなればひとりで滑りに行っていました。

いま考えれば、よくそんな金あったなと自分で感心。
ま、残業代がしっかり出る会社だったので、たっぷり稼いでいたのもあったのかな。

ビデオを見て、自分なりに研究して、滑ってみたり、飛んでみたり。

でも、なかなか上達しなかった。

そこで、

ウェブにてこんなのを発見

「白川大助 ザウスレッスン」

キターーーーーーーーーー!

即効で申し込み。
ドキドキしながらレッスン当日を待ったな~

そして当日。
初めて会う、白川大助に、もうドッキドキよ。

初めて白川さんに会ったときは、
「はい!」
「そうっす!」
って緊張しまくりだったのに、

今となったら、

「白川さん、醤油取って~」

慣れって怖いものです 笑

そんなこんなの、
初めて受けたファンスキーのレッスン。
初めて見た、プロの滑り。

もう驚きの連続。
特に間近で見たカービングターン。

神だと思ったね。笑

このレッスンがキッカケに、さらにさらにドップリとはまっていきました。


次回予告
第4部 「初めての山篭り」
スキーボードとの出会い 白川大助との出会い
いかにして奥利根、山篭りの生活へ変わっていったのか!?
[PR]
by nabedry | 2005-12-31 08:54

明日 明後日 明々後日

明日 明後日 明々後日と仕事です。
東京ドームにいます。

どこのブースにいるか探してください。

遊びにきてくださいな。

来てもらっても特典ないけど、、、、

スノボー安いから、これを機にスノボー3点セットを揃えちゃおうかしら。
[PR]
by nabedry | 2005-12-16 00:42

05-06シーズンin特別企画 「第2部 スキーへの目覚め 前半」

更新遅くなりました。
第2部の始まりです。
長い内容になりそうなので、前半・後半と分けたいと思います。

あと、明日、ある意味勝負してきます。

前回の更新の際に話した、次のステップへのことです。

次のステップの第一歩が、有効的な一歩になるか、ならないかは、明日にかかってくると、思います。
大きなカベだけど、自分のすべてを使ってぶつかってきます。やります。やってみせます。


*********************************************************

「第2部 スキーへの目覚め 前半」

*********************************************************

初めてスキーを履いたのは、小学6年生。
卒業式が終わり、中学入学を控えた春休み中。
町内会のスキー教室でした。

参加したきっかけは、仲の良いからの誘い。
もちろん、ウェアも板もブーツも持っていないのでレンタルを利用。
帽子・グローブ・ゴーグルは、購入したっけな?

スキー場は、近年ボードのスロープの大会が開催された木島平スキー場。
今でも初めてスキー場を見たときの興奮は、忘れられません。

一面、真っ白の世界!

この言葉以外は、見つかりませんでした。

レンタルショップへ行くと、すでに伝えたいた身長・体重・足のサイズを
基準とした、板とブーツがセッティングされていました。
板の真ん中に白いテープが張ってあり、自分の名前が書かれたいたのが、
何かうれしく感じましたね。

スキー教室という名目通り、町内会の腕自慢のおじさん達のレッスン付き。
もちろん初めてのスキーだったので、初心者クラスへ。

ブーツの履き方、板の履き方・脱ぎ方。
スキーを履いたときの歩き方、斜面の登り方。

もうベタベタな初心者レッスンを経験。

丸2日ぐらい滑れる時間があったので、最終的には、ボーゲンで自分のペースで
降りてこられるようになったかな。

初めてながらも楽しい思い出でスキーツアーを終えることができました。

さて、小学校での初体験を終え、次にスキーを経験したのは、
高校の卒業旅行。
男だけの仲良し4人組み旅行。

ここで、初めて夜行の高速バスを経験。
狭いバスに大きな体(高校卒業当時から186センチ)を押し込め、一晩揺られましたよ。
行き先は、苗場スキー場。
宿泊先は、ロッジ ニューひとみ


渋くねーすか このロッジ!?
これでニューかよ!
ロッジなのに全室和室?!
元祖ひとみはあるの?

と 突っ込み所が満載のロッジ ニューひとみ

今回も板・ウェア・ブーツすべてレンタル。
スクールは無し。
4人の中で一番上手な奴から色々と教えてもらう。
一番上手といっても、シュテムがなんとかできるぐらいのレベルですがね。

春スキーだから昼間シャバシャバで、ナイターになるとカチカチになるんですよね。
これで、初めてアイスバーンが嫌いになりましたよ。

「こんな急斜面のアイスバーン降りるのかよ~ 泣」
「でも降りなきゃ帰れないよ~ 泣」
「お前先に行けよ~」

男4人のむさい姿、ご想像できますでしょうか?

ま、苦労して滑るところもありましたが、楽しめましたね。
もちろん夜は、飲んだくれパーティー。
未成年のくせしてね。

やれ、あの娘のことが実は好きだったとか。
やれ、あいつとあいつは、付き合ってるとか。
やれ、実はむかし、あの娘と付き合ってたとか。

ご想像できますよね。高校生が酒飲んで話すことなんて、
女のことばかり。
四人とも顔真っ赤にして、ビールと焼酎を飲みまくりましたね~

いやー 楽しかった!

もちろんスキーも楽しかったけど、飲んだくれパーティーの方が
楽しかったかな?

そんなこんなの2度めのスキー経験でした。

そしてそして、三度目。
三度目の正直という言葉が当てはまるのでしょうか、
このスキーの経験が、「どっぷりとハマル」きっかけと言っても良いでしょうか。。。。

後半へ続く。
[PR]
by nabedry | 2005-12-09 23:40

05-06シーズンin特別企画 第1部 「将来設計」

勝手に名づけて、勝手に企画した
「05-06シーズンin特別企画」

フリーライドスクールnabe校長の、

”スキーに対する思い”
”現在のライフスタイルの思い”
”過去のスキー話”

などをネタにして、いろいろなテーマを元にブログを更新していきたいと思います。

先シーズンが終わり、春・夏・秋と、スキーとはほとんど関係無い内容で、ブログを更新し続けたので、スキー中心の話をしようってわけですね。



*********************************************************
第1部 「将来設計」
*********************************************************

来年、自分にとって人生の第2の転機になると思います。

過去の第1の転機は、会社員から山篭りというスキー生活に変えたこと。
公立・都立の小・中・高を普通に卒業し、たいした将来への考えもなく、なんとなく就職した印刷会社。

当時、退社を決めるときは、悩みましたね。
今、考えれば、何について考えていたのだろう。

将来への不安? お金の問題? 家族からの意見? 友人達からの意見?

ほかに何かあったのかな?
一番多く占めていたのは、やはり将来への不安でしょう。

就職した会社は、日本でも超大手の印刷会社のグループ会社で、よっぽどのヘマや、まったく仕事をしない限りは、将来の保障はそこそこにあったと思います。
ハッキリ言うと、同期入社の中でもトップで出世していたから、順調にいけば、幸せな会社員として生活できていたかもしれません。

このような安定した将来をある程度保障されている現状から、まったく保障がない山篭り主体への生活への転換。
今思い出すと、かなり悩んで、勇気を振り絞って、決断してました。

そんな勇気を出した決断から今シーズンで6年目。
現在、フリーライドスキースクールの校長になりました。
(世間体から見たらフリーターという身分は、ほとんど変わりませんがね)

こういった現状になった、過去の決断をまったく後悔はしていません。
むしろ、あの時点で会社を辞めて、本当によかったと思います。

あのまま会社へ属していたら、その会社の中が、すべてだったと思うし、いろいろな考え方もできなかっただろうし、、、、
まさに、井の中の蛙 状態だったでしょうね。

白川大助との出会い。
塾メンバーとの出会い。
家族の応援。
スクールお客さんとの出会い。
海外スキーでの経験
インストラクターとしての経験
スクール運営の経験
etc。。。。

本当に感謝!

いままで出会った人の中で、もし出会わない人がいたら、いまの自分が完成していない可能性もあるしね。(すごい極論だけが)

そんな感じで、
来年は、また次の転機だと思っています。
年齢も20代後半になるし。

もちろんスキーとのつながりは、なくしませんよ。
なんせ、スキー馬鹿ですからね。

人間が生きていく中で、必ず必要な3大欲求があるといいますよね。

「睡眠欲」
「食欲」
「性欲」

そして、みなさんお分かりのとおり、スキー馬鹿には4つめの、これも必要ですね。

「スキー欲」

このブログを読んでいただいている方でも、同じ人種がいるのでは?笑

つまりスキーとは、もう一生離れられないんです。
スキーを中心に動く生活は変わりませんが、第2の転機をします。

いまは、それに向けて地道に準備期間中です。
シーズン入って、奥利根に篭ったら、活動しにくいしね。

うまく、転機して、ステップアップできるよう、がんばりますよぉ!!!


次回予告
「第2部 スキーへの目覚め」

いかにして、スキーに出会い、スキーに目覚め、スキー馬鹿になっていったのか!?
[PR]
by nabedry | 2005-12-01 00:17