Yukimitsu


接客サービス業の「nabe」が送る、ここだけの話。
by nabedry
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カナダツアーレポート No03 アフタースキー編

写真は、ウィスラービレッジにある手作りパン屋さんで売っているシナモンロールです。かなりのお気に入りで、去年ウィスラーにいったときには、毎朝、焼きたてを買いに行って、早朝散歩しながら食べていたな。今年は一回しかいけなかったけど、ひさびさの味に満喫してきた! 

ウィスラーでは、リフトが遅くとも3:30から4:00ぐらいに終了します。だから、アフタースキーもビレッジ内でたっーぷりと楽しめます。今回のツアーでお客さんみんながハマっていたのが、スキー帰りに、ウェア・ブーツ姿に板を持って、そのままオープンカフェでピザ食いながらビール! お客さんと言ってしまってましたが、俺自身も一緒になってハマって、ビール飲んでました。

そしてホテルに帰ったら、水着に着替えて、ジャクジーへ。もちろん片手にはビールを持って! 笑
かなり疲れが癒される瞬間ですね。

晩御飯は、キッチン付きの部屋だから、俺はサーモンやステーキを買ってきて焼いて食べてましたね。もちろん片手にビールを持って!笑

※ビール飲み過ぎ!!

まだまだ、カナダツアーレポートは続きますので、ご期待を!
[PR]
by nabedry | 2005-04-19 20:56

カナダツアーレポート No01 & WSSFレポート

4月17日にカナダより帰国しました。

いやー、何度行ってもウィスラーは良いですね。
パークで比べちゃうとアメリカのスキー場の方が楽しいけど、やっぱりゲレンデの規模や、アフタースキーの楽しみ方となると、やっぱりウィスラーが一番!

早速、WSSFのレポート。
天気は、ガスが出たり、雪が出たり、晴れたりと、あまりよくないコンディションでした。
コースレイアウトは、
1.ストレートレール
2.約13mキッカー or スパイン
3.ストレートBOX to 豆腐 or 2段のキンクレール
4.約13mのトランスファー
5.約16mのキッカー
6.ビッククォーター
っていう感じでした。

※ちなみにストレートBOX to 豆腐っていうのは、勝手に名づけた名前で、アップ系のストレートBOXの降り口に雪盛りがされていて、BOXからアウトしたら、そのまま雪盛りの上でバター等を決めて、ランディングの斜度へ降りるアイテムです。雪盛りの形がすんげー綺麗な長方形だから「豆腐」と名づけました。笑

TJ、ピーター、ジョシュ、タナーレンビル等の有名選手が出場していました。事前にあった出走リストには、ヨンオルソンやヘンリックも載っていましたが2人は不参加。ヨンオルソンは個人的に大好きなので、昨年同様にまた会えると思っていたから残念!

そして我らの健太朗は、14位でした! キッカーでは、スイッチ720テール。トランスファーでは、540ニアミュート。最終キッカーでは、スイッチ1080ミュートって感じ。
エアでグラブを失敗してしまっていたところもあったけど、2本とも転ばずに滑ることもできたので良かった!

世界レベルを見ると、行っている技は大して変わらないけど、エアのランディングのクオリティ、アイテムのルーティンの上手さが光っていました。決して日本人(塾メンバー)が届かないレベルではない!と思いましたね。

詳しいリザルトは>>>
http://www.whistler2005.com/wsi/results/Slopestyle%20Finals%20Results.pdf

スロープの本戦終了後、クォーターを利用したスーパーヒットコンテストがあり、本来はスロープの出場選手しか出れないんだけど、イヤニックBや市橋秀一も飛び入りで参加! 秀一は、カナダで初めて飛ぶクォーターなのにビックなフレアを決めて観客を沸かせていましたよ!

写真は、僕と一緒に写っているのが元スキーボーダーのトーマス、一人で写っているのがピーターオルニック。
トーマスは、SB3とかに出ているキャノンの元スキーボーダーで、去年のWSSFにも出場していました。パーフォーマンスでは、Tバック一枚で飛んだり、レールしたりと愉快な奴です♪
[PR]
by nabedry | 2005-04-19 20:55

カナダツアーレポート No02

これは、ブラッコムマウンテンからウィスラーマウンテンを撮影した写真。
写っている部分でウィスラースキー場の半分も入っていません。そして白い部分は、ほとんど滑走可能って感じです!

この時期にしては、雪質がとても良く、ツアー中に雪も降ったりで、多少のパウダーも味わうこともできました! 

ウィスラー山頂付近では、雪庇ジャンプやプチクリフジャンプを行い、スリルと楽しさが混ざって、お客さんみんなは、初めての体験だから、みんなでもり盛り上がった!!
俺自身も、ほとんど1番か2番でジャンプしてたからまじ怖かったわ〜 下から様子を見ていた白川さんいわく、軽く10mぐらい飛んでたなーとのこと 笑 
しんじは180、市橋はスイッチから、健太朗は360でダイブしたりと、はちゃめちゃでしたよ!
もちろん、塾メンバーが先に飛んで、安全を確認してから、お客さんが飛んでますので、ご安心を。

雪庇ジャンプを終えて、山頂からを少し下ると、今度はツリーラン! 他のスキーヤーが滑ったあとには、自然にできたクロスコースみたいな感じで、ウェーブあり、バンクあり、ジャンプポイントありとこれまた最高♪ そしてさらに山を下ると、パークがあります。

ウィスラーのパークは、ブラッコムと比べると初・中級者向けで、ほとんどのアイテムをみんあでわいわいセッションしながら楽しみました。
※ブラッコムのパークには、エキスパート用のパークがあり、ビックキッカーや難しいレールがあります。

北米のパークでは、クールなトリックを決めたときに、「スィ〜ト」というのが流行ってるみたいで、俺らも連呼してました 笑
[PR]
by nabedry | 2005-04-19 20:55