Yukimitsu


接客サービス業の「nabe」が送る、ここだけの話。
by nabedry
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カナダツアーレポート No01 & WSSFレポート

4月17日にカナダより帰国しました。

いやー、何度行ってもウィスラーは良いですね。
パークで比べちゃうとアメリカのスキー場の方が楽しいけど、やっぱりゲレンデの規模や、アフタースキーの楽しみ方となると、やっぱりウィスラーが一番!

早速、WSSFのレポート。
天気は、ガスが出たり、雪が出たり、晴れたりと、あまりよくないコンディションでした。
コースレイアウトは、
1.ストレートレール
2.約13mキッカー or スパイン
3.ストレートBOX to 豆腐 or 2段のキンクレール
4.約13mのトランスファー
5.約16mのキッカー
6.ビッククォーター
っていう感じでした。

※ちなみにストレートBOX to 豆腐っていうのは、勝手に名づけた名前で、アップ系のストレートBOXの降り口に雪盛りがされていて、BOXからアウトしたら、そのまま雪盛りの上でバター等を決めて、ランディングの斜度へ降りるアイテムです。雪盛りの形がすんげー綺麗な長方形だから「豆腐」と名づけました。笑

TJ、ピーター、ジョシュ、タナーレンビル等の有名選手が出場していました。事前にあった出走リストには、ヨンオルソンやヘンリックも載っていましたが2人は不参加。ヨンオルソンは個人的に大好きなので、昨年同様にまた会えると思っていたから残念!

そして我らの健太朗は、14位でした! キッカーでは、スイッチ720テール。トランスファーでは、540ニアミュート。最終キッカーでは、スイッチ1080ミュートって感じ。
エアでグラブを失敗してしまっていたところもあったけど、2本とも転ばずに滑ることもできたので良かった!

世界レベルを見ると、行っている技は大して変わらないけど、エアのランディングのクオリティ、アイテムのルーティンの上手さが光っていました。決して日本人(塾メンバー)が届かないレベルではない!と思いましたね。

詳しいリザルトは>>>
http://www.whistler2005.com/wsi/results/Slopestyle%20Finals%20Results.pdf

スロープの本戦終了後、クォーターを利用したスーパーヒットコンテストがあり、本来はスロープの出場選手しか出れないんだけど、イヤニックBや市橋秀一も飛び入りで参加! 秀一は、カナダで初めて飛ぶクォーターなのにビックなフレアを決めて観客を沸かせていましたよ!

写真は、僕と一緒に写っているのが元スキーボーダーのトーマス、一人で写っているのがピーターオルニック。
トーマスは、SB3とかに出ているキャノンの元スキーボーダーで、去年のWSSFにも出場していました。パーフォーマンスでは、Tバック一枚で飛んだり、レールしたりと愉快な奴です♪
[PR]
by nabedry | 2005-04-19 20:55